Love Like Vanilla Beans

その後の二人 03



「ねーセンセイセンセイ!」
「お前、いつまで俺をそうやって呼ぶ気だ。 他にもあるだろう」
「えー・・・何て呼んでほしいの?」
「な・・・名前とか・・・」
「りょーかい! じゃあ、そこのナオフミ!!」
「いきなり呼び捨てか? ああ?」
「いらいいらいーーーー! ちょっとふざけただけだよ!
 両頬つねんなくてもいいじゃん」
「・・・ったく」
「相変わらずの暴力教師め・・・ぶつぶつ」
「あ?」
「何でもないです。 じゃあ改めまして・・・ナオフミさんっ」
「・・・」
「あれ? どしたの?」
「だーーーーっ!! ほっぺた染めて潤んだ上目遣いはやめろ! 市谷のくせに!」
「ええええっセンセイがつねったからじゃん! 私のせい!?」
「もう今日は帰る」
「あれ、センセイなんか赤いよ」
「うるさいっ」
「何で怒ってんの?」
「お前が無防備すぎるからだっ」
「?」
「お前、今度こそ覚悟しとけよ」
「何の果たし状?」
「・・・俺が何もしないと思ってるだろ」

ちぅ

「・・・今日はこれくらいで勘弁してやる」
「ちょ、何今の!? ああっ私のファーストキス!
 自分ちのトイレの前とか・・・ひどい! センセイ、本当に大人!?」
「あーうるさうるさっ! お前のレベルに合わせてやってんだ! じゃあな!」



バタン



「・・・ナオフミのばーか。 くすん」

copyright (C) 2008 * 水 中 花 * All Rights reserved.